お花のお手入れ方法【切り花】

普段お花を扱うことが少ないという方。
「お花をもらったけど、どうしたらいいかわからない」とお困りの場合もあるのではないでしょうか?

せっかくなので綺麗に長持ちさせたいですよね!

そんな方に、簡単な基本のお手入れ方法をご紹介します。

【花束をもらったらやること】

①ラッピングを取る。

②茎の下の方にある、保水用ペーパーや保湿用のゼリーを外し、水で茎を軽く洗い流す。

③茎の先端を園芸用のハサミなどで切る。

 ☆ポイント:下から1センチほどの所で斜めにカットする!

④花瓶(又は水のいれられる容器)に飾る。

 ☆ポイント:水に浸かってしまう葉っぱは取る!

【長持ちさせる置き場所のポイント】

直射日光、風があたりやすいところは避ける。

(暖かいところに置くと花の咲きが早まる)

【その後のお手入れ】

・お水を毎日取り替える

 ☆ポイント:花瓶や茎のヌメリを洗って取る!

・傷んだお花を摘む


以上、長持ちする基本のお手入れ紹介でした!

花束に限らず、普通の切り花やお家でメンテして出たお花なども①と②以外は同じようにできます。

さらにステップアップすると、花の種類によって茎の処理や水の量が変わったりもします。興味を持った方は是非調べて見てください♪

切り花用の延命剤というものもあるので、もっと長持ちさせてみたいという方はお試しして見てください!

みなさまが少しでも長くお花を楽しめますように。